グループを共有する

目次

1. 前提条件

  • グループ共有機能は「Calsket管理者」権限セットが割り当てられているユーザーのみが設定することができます。

  • 共有ルールの設定にはSalesforceのシステム管理者権限「共有を管理」が必要です。

  • システム管理者権限を持つユーザーは共有ルールの設定がされていなくても「他のユーザーと共有」チェックの入ったグループを全て参照することができます。

  • 共有されたグループ内のカレンダーの追加、削除、順番変更はグループを共有したユーザーのみ可能です。


2. グループを共有する

❶ 共有したいグループの編集画面を開きます。

❷「他のユーザーと共有」にチェックを入れ、「API名」に表示された文字列をコピーします。忘れずに「保存」ボタンをクリックしてください。

❸ Salesforceの設定画面を開き、クイック検索に「共有」と入力し、「共有設定」を開きます。 ❹ 「Calsketカレンダー設定」オブジェクトの「デフォルトの内部アクセス権」を確認し、「非公開」に設定されている場合は「編集」ボタン(画面上部)をクリックしてください。

「公開/参照のみ」に設定されている場合は「❻」に進んでください。

❺「Calsketカレンダー設定」オブジェクトの「デフォルトの内部アクセス権」を「公開/参照のみ」に変更し、「保存」ボタンをクリックしてください。 ❻「Calsketグループ共有ルール」セクションまでスクロールし、「新規」ボタンをクリックします。

❼ 以下のように設定し、「保存」ボタンをクリックします。

  • 表示ラベル:適当な文字列

  • ルール名:適当な文字列(英数字およびアンダースコア)

  • ルールタイプ:条件に基づく

  • 条件:   項目:API名   演算子:次の文字列と一致する   値:先程コピーした項目のAPI名

  • 共有先:このグループを共有したいロール/グループを指定(詳細はSalesforceのヘルプを参照してください)

  • アクセス権:共有されたユーザーに参照のみを許可する場合は「参照のみ」、編集も許可する場合は「参照・更新」(ただし、共有されたグループ内のカレンダーの追加、削除、順番変更はグループを共有したユーザーのみ可能です)

❽ これで設定完了です。

共有設定には少し時間がかかります。完了するとSalesforceよりメールが来ます。 これで共有先に指定したユーザーのCalsketの画面でも共有したグループが表示されるようになります。


3. 同じ共有先に複数のグループを共有する場合

「条件」セクションの「検索条件ロジックを追加」をクリックし、以下のように設定すると、共有ルールを増やさずに設定することができます。

最終更新